SSブログ

岸信介の顔 [顔/政治家]

2007年9月2日(日)

岸 信介(きし のぶすけ。1896〜1987)第56、57代内閣総理大臣

岸信介の顔が、〈41流〉の〈超1流〉の〈超1流〉であるのを、
見つける。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■





〈41流〉《6流》〈超1流〉

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

小泉純一郎が、固体人間、つまり前近代の精神を持っていたのにたいして、
岸信介は、液体人間、つまり近代精神の人物。

〈現実界〉の顔で、
〈象徴界〉、〈想像界〉がない。

〈現実界〉だけしかない顔というのも、
困ったもので、動物というか、人間ではない。
動物の顔は〈現実界〉しかない。

夢は〈想像界〉だから、夢も無い。
モラルは〈象徴界〉がないと無いから、
岸には、モラルも無い。

岸信介は「昭和の妖怪」と言われたが、
正確には「昭和の野獣」かもしれない。

………………………………………………………………………………

ここまで書いてきて、
この眼は、実は野獣でもあるが、科学者の目であることに気がつく。

私見では、科学は〈現実界〉だ。
サンフランシスコのバークレー校に、観光で行ったときに、
ノーベル賞をとった20数人の教授の大きな写真が飾ってあった。
みんな〈現実界〉の眼であった。
科学者の眼は、〈現実界〉の眼をしている、


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

顔の《格付け》2BRUTUS 国宝って何? ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます